ライフスタイル

600円のダイソーヨガマットは買うべき?特徴と惜しい点を解説!

収納ケース付きヨガマット

ヨガのレッスンに通い始めると『自分用のヨガマットがほしいな』と思う人は少なくありません。

お気に入りのヨガマットでレッスンを受けたくなるよね

他人と共用より自分専用がいいよね

でもヨガマットを探し始めると、2,000円、5,000円、いいものだと10,000円を超えるものが多くびっくりしてしまいます。

いきなり高い金額を出すのはねぇ…

手ごろな価格でそこそこの品質のヨガマットが欲しいところです。
実は、“最初”のマイヨガマットに600円のダイソーヨガマットを選ぶ人も多いんです。
とりあえずで選んでも後悔をしない金額600円。


スペックもまずまずですし。
ツイッターでも愛用者が多くみられます。
ですが600円という低価格のダイソーヨガマットは買うべきでしょうか。

そこでこの記事では600円のダイソーヨガマットを検討しているあなたに、その特徴や惜しい点を解説します。
ぜひ購入前にご確認を。

あわせて、600円のダイソーヨガマットが手に入らない場合におすすめのマットを2つ(ピュアライズ、ヨガワークス)ご紹介しますので検討してみてください。

ヨガ歴1年以上の私がお伝えしますよ

600円のダイソーヨガマットの特徴

2,000円、5,000円のヨガマットも結構多いのに「600円のマットってちゃんと使えるの?」そう思う人は多いと思います。
でもこの動画を見ればそんな心配はなくなります。

確かに動画を見ると、”滑りそう”とか”痛そう”という不安がなくなるね

動画だからよりリアルにマットの感触とかがわかるね

さらにヨガの先生が生徒さんにおススメするぐらいの実力なんです。

ヨガの先生は、大事な生徒さんには、確かな品質のものをすすめるはずです。

そうですよね。いいものに違いありません

ここでは600円のダイソーヨガマットの魅力を説明していきます

手頃な価格

600円には驚きの声が多いのです。

もう一枚買うか悩む人もいるくらいなんです。
ただ単に安いだけであればもう一枚は買いません。
“ちゃんと”使えるヨガマットだから、”もう一枚”買っておきたくなるんです。

しっかりポーズもとれる

これはかなり重要だよね

600円のダイソーヨガマットはマットの厚さが6mmです。
厚さ5~7mmは、座位と立位のポーズ両方をとりやすくヨガ教室でも使われている厚さとなります。

厚さが5㎜以下で薄いとクッション性に欠けるため、痛さを感じるポーズがあります。
600円のダイソーのヨガマットは座位にも立位でもポーズがとれるサイズです。

片付けがラクチン


付属でゴムバンドがついています。
丸めた後に付属のバンドで止めて片付ければコンパクトに収納できます。

ヨガマットってきれいに丸めるの、案外難しいよね

右の長辺と左の長辺をそれぞれずれないように丸めていくのが手間です。
丁寧に丸めないとダメなんです。

しかも丸められても袋に入れるときに苦労するときがあるんです。


ゴムバンドであれば右の長辺と左の長辺が多少ズレててもいれられちゃいます(笑)

600円のダイソーヨガマットの惜しいところ


600円のダイソーヨガマットは、口コミを見ていると褒めているものが多いです。
ですが、ここが惜しいなあーと思うところが3つありました。
その3つを解説します。

カラーデザイン

カラーバリエーションが、ピンク、水色、紫、黄緑。

ピンク

水色・紫・黄緑


私も、もう少しシックな色があればなと思っちゃうんですよね。

衛生面に課題あり

付属のベルトで持ち運びをするとマットが裸のまんまなんです。

仕事帰りにヨガに行くためにマットを持ち運ぶ場合、満員電車でいろいろな人にマットが触れるのは避けたいし、雨などの天候も心配ですよね。

仰向けやうつ伏せのポーズがあるから、できるだけきれいに保ちたいですよね

衛生面に工夫が必要となります。

取り扱いのない店舗がある

店舗によってヨガマット自体を取り扱っていないところがあります。
取り扱っていても600円のものがないことがあります。

残念ながら私の家の近所のダイソーでもどの種類のヨガマットの取り扱いもありませんでした。
自宅用のヨガマットが欲しく、600円のダイソーのヨガマットをもとめて5軒もお店をはしごしたのに残念でした。

ツイッターでも”売ってない”という声が結構聞こえてきます。

ネット通販で買えるピュアライズヨガマット


ダイソーが近くにない、ダイソーはあるけど600円マットの取扱がない人にはネット通販で買えるものをおすすめします。

私のおすすめはピュアライズのヨガマットです。
1,590円(6mm)とダイソーより金額は少し高くなりますが、下記のおすすめポイントがあります。

  • 無料サンプルがある
  • 持ち運びがしやすい
  • 保証がついている

マットのサンプルがある


マットのサンプルが無料でもらえるんです。
どの厚さにするか悩んでいる人向けに、4・6・8・10mmのサンプルが無料で注文できます。

え?でも厚さは6㎜ぐらいがおすすめなんじゃないの?

そうです、6㎜であればヨガのポーズをしっかりとることもできるし、持ち歩きにも適したサイズです。

じゃ、サンプルいらないよね?

いえいえ、もらえると便利ですよ?

厚さをチェックすることがメインではないんです。
表面の手触り、マットに体重をかけた時の感触、手で押したときのマットの押し返す感じ等、試すためです。

確かにこれは実物で試してみたいし、ネットで見ても分からない情報だよね

サンプルがあるのは便利ですね。
無料のサンプルはメール便で届きます。
こちらから注文してみて下さい↓

収納ケース付き

ヨガマット収納ケースがついています。
肩から掛けられてファスナー部分からマットを出し入れします。
ヨガマットを立てた際に上部に取っ手がついており、2WAYタイプです。

ケースはメッシュ式になっており、使用後のマットを保管しても蒸れにくく、衛生面も安心です。
収納ケース込みの金額で1,590円はとても魅力的ですよね。

1か月の保証つき

インターネットでものを買う時って相手が見えないから心配ですよね。
商品をいざ使ってみたら『傷が見つかった』『マットの表面に汚れがついている』等心配になりませんか?

ピュアライズで購入すれば1か月保証がついているので安心ですよ

1か月保証がついているので使ってみてなにかあれば対応してもらえます。
ヨガは両足を広げて踏ん張ったりするポーズがあるので、かなりの負荷がヨガマットにかかります。
品質保証がついていれば安心してヨガできますよね。

ヨガ教室で多く使われているヨガワークス


ヨガ教室で使われていることが多く知名度の高いヨガマットです。
また、ヨガをしている人で自分用マットを検討したことがある人は知っているマットでしょう。

インターネット通販でも評判が高く人気のブランドなんです。
ヨガワークスのおすすめポイント3つを紹介していきます。

  • 耐久性
  • 明るいやさしい色合いが多い
  • グリップ力の高さ

ヨガ教室で使用されるほどの耐久性


ヨガ教室で生徒さん用に使われていることが多いヨガマットです。
私もレンタルマットを使用していたのでわかるんですが、多くの生徒が使用しても案外平気なものなんです。

1年以上ヨガに通っていますが「汚れがこびりついてヌルヌルしてる」なんて思ったときはありません。
教室で愛される理由の一つはこれでしょう。

明るいやさしい色合いが多い


こちらの方もスタンダードの6mmを買われたんですね。
ヨガワークスは、明るいやさしい色合いのものが多いです。

ヨガの目的の一つはリラックスです。
やさしい色合いのヨガマットの方がリラックスできる気がしませんか?

グリップ力の高さ


私もこれは感じています。
グリップ力が高く、足で踏ん張ったり、両手をついて踏ん張ったりするポーズをしても、滑ってポーズが乱れたりすることはありません。
安心してヨガのポーズに集中することができます。

600円のダイソーヨガマットまとめ

600円のダイソーヨガマットは評判がよく”最初”のmyマットに適しています。

600円のダイソーヨガマット
  • 手頃な価格
  • ちゃんとした品質
  • コンパクトに片付けられる

でもダイソーが近くになかったり、行っても売り切れだった場合はこの2つ。

  1. ピュアライズ
    • 無料サンプルがある
    • 品質保証つき
    • 収納バッグつき
  2. ヨガワークス
    • マットの耐久性、グリップ力に優れる
    • やさしいカラーバリエーションが豊富

お気に入りのマイマットでテンションを上げて、ヨガ・筋トレを楽しんでくださいね。

なお、以下の記事で日本最大級のホットヨガスタジオLAVAの評判について、詳しく解説しています。
LAVAを検討される際は、ご参考になさって下さい。

ホットヨガLAVAの口コミを検証!実際に通っている私が実態を語るLAVAは日本最大級のホットヨガスタジオです。受けてみようかと検討するときには、やはり口コミをチェックしたいものです。この記事では、実際に受講している私がLAVAの口コミを検証し、その実態を語ります。ぜひ受講の検討材料にしてくださいね。...
ABOUT ME
アバター
もも1210
社会人12年目。会社にしがみつくのをやめたくて、ライティングの勉強を始めました。お酒が好きで、休日の昼からお酒を飲むのが幸せです♪心に届く記事を書ければと、日々奮闘してます。