お仕事

【転勤族の妻の仕事】メリット・デメリットを告白【当事者の体験談】

あなたは今、転勤族の妻だけれど、私だって仕事をしたい!働きたい!と考えているのではないでしょうか?
転勤族の妻は、夫の仕事の都合で全国各地を転々とするため、なかなか就職することが難しいですよね。

同世代の働く友人が、どんどんキャリアを積み重ね、イキイキと働いている姿をみては羨ましく思ってしまう…
分かります!私自身、13年間ずっと仕事について悩み、考えてきた転勤族の妻の一人です

しかし転勤族の妻だからこそ経験できる仕事やチャンスがあります!
転勤族の妻として働いてきた当事者である私の体験をもとに、転勤族の妻の仕事におけるメリットをたっぷりとお伝えします

また実際に働いていて感じたデメリットも正直に告白します
メリット・デメリットをよく知った上で、あなたの仕事探しにいかしてください。

転勤族の妻の仕事におけるメリット


転勤族の妻の仕事におけるメリットを4つ紹介します。
どれもワクワクするものばかりですよ!

色々な仕事を経験できる

転勤族の妻は、全国各地を転々としながら、その都度新しい仕事に就くことが可能です。
その時々の自分の気持ちや、家庭の環境によって、最適な仕事を見つけることができるのです。

私は今まで3つの土地で、それぞれ違った種類の仕事についてきました。
その時々で、自分と家族にとって最適な働き方を無理なく選んできました。

30代になって色々な仕事を転々とすることは、普通の生活を送っているとなかなか難しいですよね。
これは転勤族ならではの強みであり、楽しみでもあります!

チャレンジができる

転勤族の妻は、ずっと今の仕事を続けるわけではないので、失敗を恐れずに仕事に取り組むことができます!
私は周りの目を気にしてなかなか行動に移せないタイプだったのですが、転勤族の妻になり、仕事をしていくうちに、失敗を恐れず、積極的に仕事にチャレンジすることができるようになりました。

今の仕事を積極的に取り組むのはもちろん、興味があることはどんどんやってみてください。必ずいい経験になります!
やってみてダメだったり恥をかいたりしても大丈夫!いつか引っ越すと思えば、怖くありません(笑)。

リセットができる

今の仕事が自分に合わなくても、転勤になったら辞めなければならないので、それまでの辛抱です!
間違った選択をしても、リセットしてまた次の土地でやり直せるんです。

仕事内容が合わなければ別の職種を、仕事内容は良くても会社のシステムや職場環境が合わなければ、次は環境のよいところを探してみたり…
大切なのは、失敗を次の土地での仕事にいかすことです。

未知の仕事に出会えるかも?!

私は転勤族になってから、2つの仕事を紹介してもらいました。
学習塾のスタッフとラーメン屋でのバイトです。

どちらも知人・友人に紹介してもらったので、自分では選ばなかった仕事なのですが、縁あって働かせてもらいました。
結果はとても楽しく、今まで気づかなかった自分の好きなこと、得意なことを見つけることもでき、次の仕事にいかすことができました。

住み慣れた土地で仕事を探すのとは違い、見知らぬ土地で仕事を探すのは大変です。
土地勘がないので、自分にとっていい条件の仕事を見つけるのは難しいでしょう。

転勤族という立場をいかせば、その土地をよく知る人々から仕事を紹介してもらえる可能性があります!
初めての職種で不安だったとしても、働いてみると意外と楽しかったり、自分の新たなスキルを発見したりもできます!

転勤族にとって、人との出会いはもちろん、仕事との出会いもメリットです。
仕事をしたいなら、その土地で出会った友人、知人に是非相談してみてください。

転勤族の妻の仕事におけるデメリット


転勤族の妻の仕事におけるデメリットを3つ紹介します。
どれも辛いですが、しっかり受け止めた上で前向きに考えていきましょう。

いつか辞めなければいけない

転勤族の妻は、今の職場環境がいくら良くても、自分がどんなにキャリアを積んだとしても、いつか辞めなくてはいけません。
そして多くの場合、その時は突然やってきます…

私も、もっと働きたかったし、仕事も覚えたかったのに…と悔しい思いをしたことがあります。
仕事に限らず、転勤族はその土地に慣れたころに、これから頑張ろう!っていうときに異動というのは、よくあることですよね。

しかし、終わりがあるからこそ頑張れる!後悔のないように過ごせる!という面もあります。
デメリットを逆手にとって、充実した毎日を送りましょう。

子供を預ける先がない(近くに頼れる親族がいない)

子供が体調を崩して幼稚園や学校を休む場合、預ける先がなくて困る場合があります。
私も何度か経験しましたが、近くに預けられる両親がいればなぁ…と思ったものです。

特に冬場はインフルエンザの流行もあり、子供がいる場合は仕方がないことなので、ある程度覚悟をして仕事に就かなくてはなりません。
せめて自分の体調管理はきっちりと行いましょう。

なおどうしても子供を預ける必要が出てしまうときのために、以下のようなベビーシッターサービスに登録しておくと、いざという時すぐに対応できるので便利です。

勤め先や職場仲間に申し訳ない気持ちになる

転勤族の妻は、熱心に指導してもらったり、大切なポジションを任せられたりすると、嬉しい反面、自分が辞めてしまう時のことを考えると心が痛みます。
また、転勤族であることを職場仲間に伝えていない場合は、普段のコミュニケーションの中でも本音で話せない部分があり、心が苦しくなる時もあります。

限りある時間の中で、最大限に自分の力を発揮して、職場に貢献する!という気持ちで仕事をしましょう。
自分がいなくなっても大丈夫なように新人さんの教育を積極的に行うなど、少しでも勤め先への恩返しができるといいですね!

【転勤族の妻の仕事】メリット・デメリットまとめ

転勤族の妻が仕事をする上で、メリット、デメリットを把握しておくことは大切です。
以下にまとめます。

転勤族の妻の仕事におけるメリット・デメリット
  1. 転勤族の妻の仕事におけるメリット
    • 色々な仕事を経験できる
    • チャレンジができる
    • リセットができる
    • 未知の仕事に出会えるかも?!
  2. 転勤族の仕事におけるデメリット
    • いつか辞めなければいけない
    • 勤め先や職場仲間に申し訳ない気持ちになる
    • 子供を預ける先がない

4つのメリットから分かるように、転勤族の妻が仕事を続けていくと、自然とどんどんスキルアップしていきます。
今の仕事での問題点を次にいかすことで、よりよい仕事につくことができるんです。

この考え方は、転勤族の家探しとよく似ています。
今回は部屋数が足りなかったから、次の土地では一部屋増やそう!今回は近くに公園がなかったから、次の土地では公園の近くのマンションを探そう!

転勤族の妻の仕事探しも、家探しのように、是非前向きに楽しんでみてください。
メリットをいかし、デメリットを克服し、あなたらしい仕事を見つけてくださいね!

なお、転勤族妻の人気の在宅ワークと続けるコツについて、以下の記事で解説しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

【転勤族の妻の仕事】人気の在宅ワークや挫折せずに続けるコツとは?転勤族の妻の仕事で、最近注目を集めているのが在宅ワークです。 パソコンとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも仕事ができるとい...
ABOUT ME
アバター
mayumi
主婦歴14年/2児のママライター。 女性のための快適で幸せなライフスタイル情報を発信します。 家事、仕事、趣味の両立がモットーです。